引退の阪神電鉄「赤胴車」が復帰 兵庫・武庫川団地の交流スペースに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
武庫川団地のコミュニティースペースとして活用されることになった阪神電鉄の「赤胴車」=兵庫県西宮市高須町2で2021年7月10日午前11時30分、花牟礼紀仁撮影
武庫川団地のコミュニティースペースとして活用されることになった阪神電鉄の「赤胴車」=兵庫県西宮市高須町2で2021年7月10日午前11時30分、花牟礼紀仁撮影

 「赤胴車」の愛称で親しまれ2020年に引退した阪神電鉄武庫川線の7000系車両1両が、兵庫県西宮市の武庫川団地内で保存されることになり10日、お披露目の式典があった。車内は現役当時のイメージを残したままテーブルなどが設置され、地域の交流スペースとして活用される。

 阪神電鉄によると、保存される赤胴車は1974年、3000系として製造。阪神本線などを走った後、86年に武庫川線用に改造され7000系とな…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集