新型コロナ 北九州市の保育士・教職員ら 優先接種始まる /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
モデルナ社製のワクチン接種を受ける教員
モデルナ社製のワクチン接種を受ける教員

 北九州市内で働く保育士や学校教職員らに対する新型コロナウイルスワクチンの市独自の優先接種が9日、小倉北区のあるあるCityで始まった。大規模接種会場向けの米モデルナ社製を使い、初日は教職員約100人が受けた。

 対象には放課後児童クラブ職員や里親、障害者や高齢者が利用する通所・訪問型事業所のスタッフ…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集