特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪、福島無観客に 「復興」理念、地元に虚無感 札幌も一転 97%払い戻し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福島県営あづま球場=福島市で2020年1月20日、本社機「希望」から
福島県営あづま球場=福島市で2020年1月20日、本社機「希望」から

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は10日、福島市の福島県営あづま球場で実施する東京五輪(23日開幕)の野球・ソフトボールを無観客で開催すると発表した。当初は観客を入れる予定だったが、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて方針を転換した。北海道も9日、札幌市の札幌ドームで実施するサッカーの無観客を決定。無観客開催は東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県から6都道県に広がった。

 記者会見した福島県の内堀雅雄知事は「国内外の人に足を運んでもらい、東日本大震災と福島第1原発事故からの復興の姿や課題を知ってもらうという機会は相当部分失われた。試合を楽しみにしていた子供たちや、準備してきた都市ボランティアの皆さんには申し訳ない」と述べた。あづま球場では21日、全競技を通じて最初の試合となるソフトボールの日本―オーストラリア戦が行われる。

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文2153文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集