連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

「縁食」提言 藤原辰史さん著作 「誰か」と囲む食の可能性 農作物などの廃棄減らす道にも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年に「縁食論」を出版した京都大学人文科学研究所准教授の藤原辰史さん=京都市左京区の京都大学人文科学研究所で2021年6月29日午前11時8分、山田麻未撮影
2020年に「縁食論」を出版した京都大学人文科学研究所准教授の藤原辰史さん=京都市左京区の京都大学人文科学研究所で2021年6月29日午前11時8分、山田麻未撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため家族以外との会食は控えるべきだとされる中、人々は外食や友人知人らとの会食がいかに貴重なものだったかを実感しているのではないか。また、コロナ禍にもかかわらず地域の子どもや親らの居場所である「子ども食堂」が増えているという。昨年『縁食(えんしょく)論――孤食と共食のあいだ』(ミシマ社)を出版した京都大学人文科学研究所准教授の藤原辰史さん(44)に、「縁食」がもたらすものについて聞いた。

 家族や親戚、集落の構成員などの共同体で食事をする「共食」に対して、一人で食べる「孤食」という言葉がある。藤原さんは孤食でも共食でもない「縁食」という言葉を編み出した。家族の枠を超えたメンバーで共にする食事のことだ。縁という言葉から想起されるイメージは、絆よりあっさりしていて、復古的でも閉鎖的でもない。具体的には炊き出しであり、町の食堂であり、子ども食堂である。

 専門は…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1590文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集