パレスチナで反政府デモ長期化 治安部隊の人権活動家拘束死発端

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パレスチナ自治政府のアッバス議長の辞任を求め、抗議デモをする市民ら=ヨルダン川西岸ラマラで2021年7月11日午後5時56分、三木幸治撮影
パレスチナ自治政府のアッバス議長の辞任を求め、抗議デモをする市民ら=ヨルダン川西岸ラマラで2021年7月11日午後5時56分、三木幸治撮影

 パレスチナ自治政府に対する反政府デモが長期化し、アッバス政権が苦境に陥っている。きっかけとなったのは、6月に自治政府の治安部隊が政府に批判的な人権活動家を拘束し、死亡させた事件だ。デモ参加者は「パレスチナはイスラエルに占領されたうえ、自治政府からも言論の自由を奪われている」と訴えており、自治政府を財政支援する米国なども事件の真相解明を求めている。

 「(自治政府の)アッバス議長は辞任すべきだ」。パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ラマラで11日、デモに参加した市民数百人が声を張り上げた。デモは断続的に実施されている。参加者には若者も多く、高校1年のシャダン・ザイドさん(15)は「言論の自由すら守られないパレスチナに未来はない」と話した。

 契機はヨルダン川西岸ヘブ…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1021文字)

あわせて読みたい

ニュース特集