がん診断精度向上へ「新兵器」 針で採取した組織2分割 京都で開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
がん組織を縦に2分割できる医療機器を開発した府立医大の浮村教授(右)とウミヒラの海平和男専務=京都市下京区で、千葉紀和撮影
がん組織を縦に2分割できる医療機器を開発した府立医大の浮村教授(右)とウミヒラの海平和男専務=京都市下京区で、千葉紀和撮影

 がんの有無や状態を調べるため人体から針生検で採取した細い組織を縦方向に2分割できる医療機器を、京都府立医大などの研究チームが開発した。同じ組織を使って病理検査と遺伝子検査が可能となり、特定の遺伝子変異を標的とした分子標的薬の選択など「個人の病状に応じたがんゲノム医療の精度向上につながる」と期待している。【千葉紀和】

 がんの診断は一般的に、針で採取した組織を病理専門医が顕微鏡で観察し、がんが見つかると特定のがんに応じた遺伝子変異を調べて効果的な治療法を探る。この時、病理検査は採取した組織をホルマリン液に漬けるのに対し、遺伝子検査はRNAが壊れないよう組織をすぐに凍結する必要があり、従来は同じ組織で双方の検査をすることが困難だった。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文707文字)

あわせて読みたい

注目の特集