なんでも聞いて JR福知山駅に対話型ロボット、接客の実証実験

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
接客対応するロボットと、実験を進める福知山公立大の倉本到教授=京都府福知山市駅前町のJR福知山駅構内で2021年7月12日午前11時25分、佐藤孝治撮影
接客対応するロボットと、実験を進める福知山公立大の倉本到教授=京都府福知山市駅前町のJR福知山駅構内で2021年7月12日午前11時25分、佐藤孝治撮影

 福知山公立大などの共同研究グループは12日、対話型ロボットによる接客対応の実証実験を、京都府福知山市駅前町のJR福知山駅で始めた。難解な質問には遠隔操作によりオペレーターが対応可能で、「駅員の負担軽減につながる」と実用化に向けても期待がかかる。【佐藤孝治】

 同大学によると、市販のロボット「Sota(ソータ)」(高さ28センチ)に、大阪大大学院とIT大手「サイバーエージェント」の共同研究による人の検知や音声を聞いて返答するセン…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集