26年の時を経て開封 タイムカプセルに作文など220点 愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タイムカプセルを空けた広瀬由布子さん(中央)や神田真秋さん(左)ら=愛知県一宮市光明寺の光明寺公園で2021年7月11日、川瀬慎一朗撮影
タイムカプセルを空けた広瀬由布子さん(中央)や神田真秋さん(左)ら=愛知県一宮市光明寺の光明寺公園で2021年7月11日、川瀬慎一朗撮影

 愛知県一宮市は11日、1995年11月3日に戦後50年と平和都市宣言を記念して光明寺公園(同市光明寺)に埋められたタイムカプセルを市制100周年を記念して掘り起こした。カプセルに収められた物品の作者ら関係者約50人が開封の瞬間を見守った。

 約1時間かけて重機で掘り出し、中野正康市長と当時の市長で元県知事の神田真秋さん(69)、市民代表がカプセルを開封。中からは、…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

ニュース特集