特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

エンタメノート

「収束したら『夢の寄席』でお礼を」 1億円支援に落語界団結

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
寄席支援のクラウドファンディングで集まった支援金の目録を新宿・末広亭の真山由光席亭(右)に手渡す、落語協会の柳亭市馬会長(左)と落語芸術協会の春風亭昇太会長(中央)=東京都新宿区の新宿末広亭で2021年7月13日午前10時9分、油井雅和撮影
寄席支援のクラウドファンディングで集まった支援金の目録を新宿・末広亭の真山由光席亭(右)に手渡す、落語協会の柳亭市馬会長(左)と落語芸術協会の春風亭昇太会長(中央)=東京都新宿区の新宿末広亭で2021年7月13日午前10時9分、油井雅和撮影

 支援総額が1億円を突破した、東京の寄席5軒を支援するクラウドファンディング。贈呈セレモニーが13日午前、開場前の新宿末広亭(東京都新宿区)であり、新型コロナウイルスが収束したら、客へのお礼として団体の壁を越えた「夢の寄席」を開催したいという構想も飛び出した。映画界や演劇界ほど大規模でないにもかかわらず、今回、大同団結できた落語界。いざという時に力を発揮する強さを支援金1億円超という形で示した。【油井雅和/デジタル報道センター】

「年内は持つかもしれないが…」厳しい現状

 落語協会と落語芸術協会が呼びかけたクラファンは1億377万円(支援者数7149人)という、予想を大きく超える額を集めた。その内幕を、落語芸術協会会長の春風亭昇太さんは笑わせながらこう話した。

 「正直言って、みんなこんなに集まるとは思っていなかった。(林家)正蔵師匠が『集まらなかったらどうしよう』とか言って、僕らもみんな弱気になって、目標を最初、3000万円って言ったんです。だけどよく考えたら、各寄席で分けたらいくらでもないぞ、ということに気が付き、目標は後で増やせると聞いたので、とりあえず5000万円にしたら、わずか4日間であっという間に集まり驚いた。次の目標金額が微妙で、『1億だ』『いや、そんなには集まらないんじゃ?』『調子にのりすぎてるんじゃない?』ということで8000万円にしたら、さらに支援があり、ありがたいことで、想定では考えられない額になった」

 この支援に、新宿末広亭の真山由光席亭が「ありがたく思っています」とお礼を述べたが、一方で「これで解決すればいいんですが、そうはいきませんで、数カ月ぐらいは生き延びることができる」と現状を吐露した。

 「せっかくの大金だけど、残念ながら足りない。…

この記事は有料記事です。

残り2940文字(全文3681文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集