特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

三菱重工East、初の決勝進出 NTT東日本に快勝 日本選手権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East2死満塁、矢野が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2021年7月13日、猪飼健史撮影
【NTT東日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East2死満塁、矢野が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2021年7月13日、猪飼健史撮影

 第46回社会人野球日本選手権は第11日の13日、大阪市の京セラドーム大阪で準決勝が行われ、第1試合は三菱重工East(神奈川)が昨秋の都市対抗準優勝のNTT東日本(東京)を6-1で破り、初の決勝に進んだ。最終日の14日午後4時から行われる決勝で、ホンダ(埼玉)と大阪ガス(大阪)の勝者と対戦する。

 三菱重工Eastが快勝した。一回に久木田、矢野の連続適時打で3点を先取。二回は中山の適時打、五回には中山、小柳の連続本塁打で加点した。2試合連続で先発した本間は制球良く7回無失点と好投した。NTT東日本は先発の上出が制球に苦しみ五回途中で降板。打線も八回に中村の適時打で1点を返すにとどまった。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1031文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集