特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

実践した「野球を楽しめ」 三菱重工East・矢野 日本選手権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East2死満塁、矢野が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2021年7月13日、猪飼健史撮影
【NTT東日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East2死満塁、矢野が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2021年7月13日、猪飼健史撮影

 第46回社会人野球日本選手権は第11日の13日、大阪市の京セラドーム大阪で準決勝が行われ、第1試合は三菱重工East(神奈川)がNTT東日本(東京)を破り、初の決勝に進んだ。

 三菱重工Eastの7番・矢野が、自らにも後輩にも言い聞かせている言葉がある。

 「野球を楽しめ」

 その言葉通り、チームをバットで勢い付け、価値ある適時打を放つなど野球を存分に楽しんだ。

 一回に1点を先取し、なおも2死満塁で迎えた第1打席。NTT東日本の先発・上出の決め球であるチェンジアップを引きつけて捉え、二遊間をしぶとく抜いて2者を還した。前日の準々決勝・東芝戦でも二回に先制適時打を放っており、…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文714文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集