特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

請負人たちの夏

/2 ホッケー男子 アイクマン監督 「武士道」唱え、チーム統率

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
練習試合の合間に選手へ指示を出すシギ・アイクマン監督(中央)
練習試合の合間に選手へ指示を出すシギ・アイクマン監督(中央)

 「大和魂」「武士道」と唱えてチームに闘争心を植え付けてきた。オランダ人のシギ・アイクマン監督(62)は1968年メキシコ五輪以来の出場となるホッケー男子を率いる。日本の歴史、文化への造詣は深く「諦めず、魂を込めて戦う」と意気盛んだ。

 チームの愛称は「サムライジャパン」。監督はゴールを戦国時代の城に例えて「侍なら城を必死に守り、必死に攻めるはず」と訴える。主将のDF山下学(小矢部REDOX)は統率力に優れた豊臣秀吉、などと各選手を歴史上の人物に見立て役割を求める。選手に自…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集