鈴鹿市が補正案3億6406万円計上 「生理の貧困」支援 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鈴鹿市は8日、総額3億6406万円の2021年度一般会計補正予算案を発表した。経済的な理由で生理用品を購入できない「生理の貧困」への支援や、コロナ禍で打撃を受けた事業者への給付金支給など、新型コロナウイルス対策の予算3億5106万円を盛り込んだ。15日の市議会臨時会に提案する。

 新型コロナウイルス関連では、感染防止策に1億4728万円を計上。外国人住民に新型コロナの情報提供として、ポルトガル語やベトナム語など多言語で動画を作成し、フェイスブックや動画投…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

あわせて読みたい

注目の特集