災害時の避難所へ、宮若市が施設利用 九州小島と協定 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
協定書に署名する黒田社長(左)と有吉市長
協定書に署名する黒田社長(左)と有吉市長

 宮若市と同市磯光の自動車部品メーカー「九州小島」は、同社の施設を災害時の一時避難所として使用する協定を結んだ。

 協定は、同社からの申し出で実現した。約450平方メートルのホールを避難所として使用するほか、備蓄食や社員用給油所にある燃料を避難してきた人に提供する。

 締結式で、黒田富士雄社長は「地域が安定…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文271文字)

あわせて読みたい

注目の特集