連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

21年版防衛白書 米中間、かじ取り腐心 日本、台湾への関与不可避

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府が13日に了承した2021年版防衛白書は「台湾をめぐる情勢の安定は、わが国の安全保障にとってはもとより、国際社会の安定にとっても重要」と初めて明記するなど、中国へのけん制を強める内容となった。バイデン米政権が台湾情勢への関与を強める中、米側が日本に対し「有事」の際の役割を求める可能性は高い。緊張感が高まる米中両国のはざまで、日本は難しいかじ取りを迫られている。【畠山嵩、飼手勇介】

 「バイデン政権が軍事面において台湾を支援する姿勢を鮮明にしていくなか、台湾を核心的利益と位置づける中国が、米国の姿勢に妥協する可能性は低い」

この記事は有料記事です。

残り2864文字(全文3129文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集