犬のおしっこで信号機倒壊!? 耐用年数の半分 三重・鈴鹿

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
根元から腐食して2月に倒れた信号機=三重県警提供
根元から腐食して2月に倒れた信号機=三重県警提供

 三重県鈴鹿市で2月、横断歩道の信号機が根元から突然折れた。耐用年数約50年のはずが23年で倒壊したため、県警科学捜査研究所(科捜研)が出動。調査したところ、同時期に設置した信号機の約40倍の尿素が根元から検出された。

 県警は、犬のおしっこに含まれる尿素や塩分が信号機の鉄製の柱(高さ6・5メートル)を腐食させた可能性が高いと結論づけた。現場は犬の人気散歩コースで、…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

注目の特集