特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

黒い雨判決「広島県・市と協議し対応」 加藤官房長官

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官
加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、広島への原爆投下後に降った「黒い雨」の健康被害を巡り、国の定めた援護区域外にいた住民らを被爆者と認めた広島高裁の判決について、「国側の主張が認められなかった。今後の対応については、関係省庁で判決の内容を十分精査し、広島県・市と協議したうえで対応していく」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集