WHO専門家委「ゲノム編集臨床試験の監視を」 危険性最小限に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=AP
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=AP

 世界保健機関(WHO)の専門家委員会は12日、人間のゲノム編集について、臨床試験を監視する小委員会をWHOが設置することを求める勧告を提出した。

 専門家委員会は、WHOが人間のゲノム編集について、より積極的に関与していくことを要求。WHOにとどまらず国連各機関や国際社会が協力して、最先端技術について信頼できる情報を共有できるようにし、倫理面や法的問題点などに…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集