特殊詐欺、手口は巧妙・多様化 「予兆電話に注意を」 高知県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高知県警本部=北村栞撮影
高知県警本部=北村栞撮影

 今年上半期(1~6月)に高知県内で発生した特殊詐欺は11件(昨年同期比6件減)、被害総額は約1458万円(同約1269万円減)に上ることが県警への取材で分かった。件数・金額ともに前年同期より減少したものの、手口は年々巧妙・多様化しており、予断を許さない状況が続いている。【小宅洋介】

 県警捜査2課によると、手口別の内訳は▽架空料金請求詐欺5件(被害総額約536万円)▽融資保証金詐欺4件(457万円)▽還付金詐欺(200万円)1件▽キャッシュカード詐欺盗(266万円)1件。被害者の年齢層は10~80代と幅広い。

 6月には、高知市の50代男性が計約460万円をだまし取られる被害が発生。「ご利用料金の支払い確認が取れていません」とのショートメッセージが携帯電話に届き、男性は記載された番号に電話をかけた。金融会社やNPO法人の職員を名乗る男たちから「動画サイトの未納料金が19万8000円発生」「誤認登録が他にもある」などと言われ、指定された口座に送金してしまったという。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文763文字)

あわせて読みたい

注目の特集