特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生しました。26人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流 雨で崩落の97%が盛り土と推定 総量7万立方メートル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県が盛り土の連鎖崩壊を説明した図=2021年7月14日午前9時53分、山田英之撮影
県が盛り土の連鎖崩壊を説明した図=2021年7月14日午前9時53分、山田英之撮影

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区の土石流で、県は14日までに、盛り土の総量を7万4000立方メートルと推定した。うち5万4000立方メートルが今回の雨で崩落、土石流(5万5500立方メートル)の97%を占めていたとみている。その結果、崩落せずに現場に残った量を2万立方メートルと試算した。【山田英之】

 土石流の起点付近に残った盛り土が崩落した場合、捜索活動や復旧作業に影響を与えるため、県は土石流発生の仕組みを推定。数値計算による解析ではなく、現状で入手できた情報を整理し、仮説をデータで検証した。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1228文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集