芥川賞に石沢麻依さんと李琴峰さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
李琴峰さん=左、(c)大坪尚人=と石沢麻依さん
李琴峰さん=左、(c)大坪尚人=と石沢麻依さん

 第165回芥川賞(日本文学振興会主催)の選考会が14日、東京都内で開かれ、石沢麻依さん(41)の「貝に続く場所にて」と、李琴峰さん(31)の「彼岸花が咲く島」が選ばれた。

 石沢さんは宮城県出身。東北大大学院で美術史学を学び、2015年からドイツで研究生活を続けている。今年の群像新人文学賞を受賞したデビュー作で、歴史ある賞を射止めた。物語の舞台は、ドイツ中部のゲッティンゲ…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集