特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東京、リバウンド傾向鮮明 7日間平均、急拡大の昨年末と同水準

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都庁=小川信撮影
東京都庁=小川信撮影

 東京都は14日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに1149人確認されたと発表した。1日当たりの感染者が1000人を超えたのは5月13日(1010人)以来、約2カ月ぶり。今春の「第4波」で最多だった5月8日の1121人を上回った。前週の水曜(920人)から229人増え、感染再拡大(リバウンド)の傾向が鮮明になっている。

 都によると、新規感染者の直近7日間平均は823・3人で、急激な感染拡大が始まった昨年末と同水準。市中感染の広がりを示す検査の陽性率も上昇し、13日時点で7・2%になっている。年代別では20代と30代が全体の約47%、40代と50代が約30%。ワクチン接種が進んだ65歳以上の高齢者は約4%で、若者や中年層の感染が目立っている。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文598文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集