直木賞選考「3時間の大激論」 林真理子さんの講評

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
直木賞受賞作を講評する林真理子氏=日本文学振興会提供
直木賞受賞作を講評する林真理子氏=日本文学振興会提供

 14日に直木賞に決まった佐藤究さん、澤田瞳子さんについて、選考委員の林真理子さんの講評は以下の通り。【平林由梨/学芸部】

 今回は3時間にわたる大激論となりました。

 皆さんご想像の通り、佐藤さんの「テスカトリポカ」を受賞作とするかどうかで大激論となり、時間がかかりました。あまりにも暴力シーンが多く、子どもの臓器売買という読む人にとっては嫌悪感をもたらすような内容で、直木賞という賞を与えて世に送り出してもよいものか。その是非についてさまざまな意見があがりました。

 「こんな描写を文学として許してよいのか」「文学とは人に希望と喜びを与えるものではないのか」といった意見があがった一方、「描かれたことは現実世界のこと。目を背けてよいのか」との意見もありました。とても根本的で深い論争ができました。女性委員に支持する声が大きかったことも興味深いですね。希望の物語であるという見方も少なくありませんでした。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文705文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集