祇園祭、前祭の宵山期間迎える 山鉾お目見えも観覧自粛呼び掛け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
祇園祭の前祭で宵山期間を迎え、四条通に並ぶ駒形提灯や山鉾=京都市下京区で2021年7月14日午後6時58分、山崎一輝撮影
祇園祭の前祭で宵山期間を迎え、四条通に並ぶ駒形提灯や山鉾=京都市下京区で2021年7月14日午後6時58分、山崎一輝撮影

 京都・祇園祭は14日、前祭(さきまつり)の宵山期間を迎えた。例年は四条通をはじめ、直径1キロの範囲に23基の山鉾(やまほこ)が点在し、16日までの期間は数十万人の見物客でにぎわう。新型コロナウイルス禍で2020年は山鉾の姿は見られなかったが、今夏は技術継承を目的に10基のみ建てられた。ただ、祇園祭山鉾連合会が感染防止のために観覧の自…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集