芥川賞選考「2作が際立って高い評価」 松浦寿輝さん講評

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
芥川賞受賞作を講評する松浦寿輝氏=日本文学振興会提供
芥川賞受賞作を講評する松浦寿輝氏=日本文学振興会提供

 14日に芥川賞に決まった石沢麻依さん、李琴峰さんの作品について、選考委員の松浦寿輝さんの講評は以下の通り。【屋代尚則/学芸部】

 石沢さんの「貝に続く場所にて」と、李さんの「彼岸花が咲く島」の2作が、候補の中で際立って高い評価でした。

 「貝に…」は、ドイツに留学する主人公の女性が昔の友人と偶然出会ったが、その相手は実は2011年の東日本大震災で亡くなった幽霊だと明示される。全体はファンタジーの色彩が強いが、大変リアルに人間模様を描いています。小説にしかできない、一つの世界を作り出すことに挑んだ作品です。

 石沢作品は、震災から10年を経ないとこの物語に昇華できなかった、と感じさせる独創的なアプローチと感じました。歴史的に大きな傷痕を残す出来事は、時間がたってからその意味や本質が明らかになることもあります。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文769文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集