特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

大阪ガス、積極走塁で連覇 足で果敢に勝利つかむ 日本選手権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪ガス-三菱重工East】五回表大阪ガス1死一、二塁、峰下の右中間適時二塁打で、二塁走者に続き一塁走者の児玉も本塁を突くもタッチアウト(捕手・対馬)=京セラドーム大阪で2021年7月14日、猪飼健史撮影
【大阪ガス-三菱重工East】五回表大阪ガス1死一、二塁、峰下の右中間適時二塁打で、二塁走者に続き一塁走者の児玉も本塁を突くもタッチアウト(捕手・対馬)=京セラドーム大阪で2021年7月14日、猪飼健史撮影

 第46回社会人野球日本選手権大会は最終日の14日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝があり、大阪ガス(大阪)が4―2で三菱重工East(神奈川)を破り、大会史上3チーム目の2連覇を果たした。

 積極果敢な走塁で試合の流れを引き寄せた。大阪ガスが連覇がかかる大舞台でも普段通りの野球を貫き、再び頂点へと駆け上がった。

 象徴的だったのが、同点で迎えた五回だ。1死一、二塁から3番・峰下の右中間への当たりで勝ち越し点を奪うと、一塁走者の児玉も一気に本塁を突いた。結果はタッチアウトだったが、積極果敢な走塁で流れを手放さなかった。二塁に残った峰下も続く4番・末包の右前打で本塁まで突っ込み、捕手のタッチをかいくぐり生還。チームに傾いた流れを確実なものとした。

 大阪ガスは今大会の5試合で七つの盗塁失敗を数えながら、4番・末包ら7選手が計9盗塁を重ね、…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文641文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集