連載

世界時空旅行

 欧州や中東の特派員を務めた筆者が「時空の旅」に出て、歴史の謎やミステリーに迫ります(登場する人物の肩書きなどは原則として取材当時のものです)。

連載一覧

世界時空旅行

古代遺跡眠るエジプト クレオパトラに魅せられて 「真実に迫る」墓探す考古学者

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「クレオパトラの墓」を求め、エジプト北部タップオシリス・マグナ神殿跡で続けられる発掘作業=2009年5月13日、和田浩明撮影
「クレオパトラの墓」を求め、エジプト北部タップオシリス・マグナ神殿跡で続けられる発掘作業=2009年5月13日、和田浩明撮影

 古代遺跡の宝庫エジプトで、まったくの未発見という遺跡はどのくらいあるのか。ミイラ研究の第一人者でカイロ・アメリカン大学のサリーマ・イクラム特別教授に聞くと「おそらくエジプトの遺跡全体の6割はまだ見つかっていません」との答えが返ってきた。その一つとされるのが「クレオパトラの墓」だ。古代エジプトの女王クレオパトラ7世(紀元前69~同30年)の時代の宮殿とみられる遺跡は1990年代に北部アレクサンドリア沖の海底から発見されたが、墓は見つかっていない。女王はどこに眠るのか。私は2017~20年のカイロ特派員時代、難問に挑む一人の女性考古学者と出会った。今回は古代史の謎に迫ってみたい。

 クレオパトラは古代エジプト・プトレマイオス朝の最後の女王。ローマの政治家カエサルを魅了し、カエサルの死後はローマの将軍アントニウスと恋に落ちた。最後はアントニウスと対立したローマ軍との戦いに敗れ、自害したとされる。

この記事は有料記事です。

残り1665文字(全文2065文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集