特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪 水泳 オープンウオーター 貴田 36歳第一人者、集大成へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「五輪切符」を手に笑顔の貴田裕美=6月、セトゥバル(日本水連提供・共同)
「五輪切符」を手に笑顔の貴田裕美=6月、セトゥバル(日本水連提供・共同)

 水泳オープンウオーター(OWS)の第一人者、36歳の貴田裕美(コナミスポーツ)は東京オリンピックを競技人生の集大成と位置付ける。「ずっと頑張ってきた競技を納得して終えられるのは東京五輪。戦い方によって結果が変わるので、しっかり準備したい」と初の表彰台を狙う。

 6月19日にポルトガルのセトゥバルで行われた五輪最終予選で12位に入り、出場権を獲得。豊富な経験を生かして先頭集団のペースアップを冷静に読み、「レースが動くところで対応できた」と誇らしげだった。

 2020年2月、海外のレース中に他の選手と接触し、肋骨(ろっこつ)を2本折った。呼吸するだけでも痛むほどの大けがが完治したのは、同年6月。それだけに五輪の1年延期について、「まだやれることがある」と前向きに捉えられた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文592文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集