奈良・東大寺転害門のしめ縄に 宇佐で「御田植え式」 長洲小5年生が参加 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「御田植え式」でもち米の苗を植える児童たち
「御田植え式」でもち米の苗を植える児童たち

 宇佐市立長洲小の5年生34人が6日、学校近くの水田で奈良市の東大寺転害(てがい)門(国宝)の大しめ縄架け替えに使うワラを取るための「御田植え式」に臨んだ。9月初めに刈り取られ、同23日に現地で4年に1度のしめ縄作りと架け替えがある。

 転害門と宇佐市の縁は深い。749年、聖武天皇が大仏建立の守り神として宇佐神宮から勧請した八幡神は、転害…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集