南ア暴動、1200人超逮捕 暴徒化、略奪も横行「無政府状態」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
略奪の被害に遭い、炎上する店舗=南アフリカ・ヨハネスブルクで2021年7月12日、AP
略奪の被害に遭い、炎上する店舗=南アフリカ・ヨハネスブルクで2021年7月12日、AP

 南アフリカでズマ前大統領の収監をきっかけに暴動が全土に拡大している。当初はズマ氏の地盤である南東部クワズールー・ナタール州を中心に、ズマ氏の支持者による収監への抗議デモが中心だったが、次第に支持者と無関係の貧困層の人々も加わり暴徒化した。地元メディアなどによると、14日までに72人が死亡し、1200人超が逮捕される事態になっている。

 洗剤、タイヤ、自転車、クーラーボックス、スーツケース――。地元テレビ局は13日、同州ダーバンで商店などから略奪品を持ち帰る市民の様子を生中継で報じた。老若男女を問わず、人々は慌てて逃げる気配もなく堂々と家路についている。略奪者があまりに多いため警察や軍もなすすべがなく、「無政府状態」(地元メディア)となった。日系企業でも住友ゴム工業(神戸市)の現地会社の倉庫が襲われ、タイヤなどが略奪された。経済…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文911文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集