「表現の不自由展」16日から開催 大阪高裁、施設側の即時抗告棄却

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 企画展「表現の不自由展かんさい」の会場に予定されている大阪府立施設の利用承認が取り消された問題で、大阪高裁(本多久美子裁判長)は15日、実行委員会に会場の利用を認めた大阪地裁決定を支持し、施設側の即時抗告を棄却した。決定を受け、実行委側は企画展を16~18日の日程で予定通り開く。施設側は最高裁への特別抗告も検討している。

 高裁は決定で、企画展の開催で街宣活動などの激化が想定されるが、実行委側は平穏に実施しようとしていると指摘。妨害行為の恐れを理由に会場の利用を拒むのは、「(表現の自由を保障した)憲法21条の趣旨に反する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文696文字)

あわせて読みたい

注目の特集