特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

選手村、陽性でも国籍・性別など非公表 地元「不信感しかない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
正式オープンした東京オリンピックの選手村=東京都中央区で2021年7月13日午後4時53分、宮間俊樹撮影
正式オープンした東京オリンピックの選手村=東京都中央区で2021年7月13日午後4時53分、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、13日にオープンした選手村(東京都中央区晴海)などに滞在する選手・関係者が新型コロナウイルスの検査で陽性になった場合でも、症状の有無や国籍などは公表しない方針を明らかにした。選手団の入村状況も「詳細は把握できないため」公表しないとしており、ツイッターなどでは、「選手村は無法地帯」「これが総理大臣の言う『安心安全』なのか」と驚きの声が広がっている。【上東麻子/デジタル報道センター】

 組織委によると、五輪期間中、選手村は最大約1万8000人が利用する。選手村や組織委員会が指定したホテルに滞在する選手・関係者に陽性が確認された場合、人数と陽性判明日、参加している立場(選手、役員、報道など)、入国後14日以内か以降か、国内在住者か国外在住者かなどについては公表する。しかし、「プライバシーの観点」を理由に症状の有無や入院中かどうか、国籍、性別などは公表しないとしている。

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1750文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集