レオナルド・ダビンチの子孫14人が生存 マルチな才能が遺伝?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レオナルド・ダビンチ理想博物館のアレッサンドロ・ベッツォージ館長=イタリア中部ビンチ村で2019年5月8日、賀有勇撮影
レオナルド・ダビンチ理想博物館のアレッサンドロ・ベッツォージ館長=イタリア中部ビンチ村で2019年5月8日、賀有勇撮影

 「万能の天才」と呼ばれたレオナルド・ダビンチ(1452~1519年)の子孫にあたる人々が現在もイタリアに計14人いることが、地元研究者らの調査で明らかになった。その一人で最高齢のパオロ・ビンチさん(85)が毎日新聞の電話取材に応じ、「大変誇らしい。退職した現在の暮らしに張り合いが出る吉報です」と喜びを語った。

約700年間の家系図たどり

 研究成果を発表したのは、ダビンチが生まれたイタリア中部トスカーナ州ビンチ村にある「レオナルド・ダビンチ理想博物館」のアレッサンドロ・ベッツォージ館長ら。一連の調査は1970年代から続けられており、今回の研究内容は7月、イタリアで発行された人類学分野の学術誌「ヒューマン・エボリューション」に掲載された。

 ダビンチには子供がいなかったとされるが…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1172文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集