野辺地町議会 議長辞職3度認めず 背景に勢力争い 町民冷ややか /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊谷晴雄氏が議長を務める野辺地町議会の議場前に並ぶ議員の名札=青森県野辺地町で
熊谷晴雄氏が議長を務める野辺地町議会の議場前に並ぶ議員の名札=青森県野辺地町で

 野辺地町議会(定数12)で、病気を理由とする議長の辞職願が3回も否決される異例の事態が起きた。背景にあるのは、与野党の議員数が伯仲する議会内の勢力争い。町民置き去りの「不毛な衝突」(町関係者)に、冷めた視線が注がれている。

 野党系の熊谷晴雄議長(78)は「特発性間質性肺炎」を患ったと訴え、2月以降に計3回、辞職願を提出した。与野党6人ずつが議席を分け合う同町議会は、熊谷氏を除く11人で扱いを協議、6月16日までに全て「不許可」…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

あわせて読みたい

注目の特集