サツマイモ基腐病確認 県内で初めて /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県農林総合研究センターは15日、カビで葉や茎が枯れるサツマイモの病気「サツマイモ基腐(もとぐされ)病」を県内で初確認したと発表した。県は6月末、感染したベニアズマが県内に流通した可能性があるとして注意喚起していた。

 同センターによると、7月上旬に東葛地域の畑で感染疑いがあるベニアズマが見つかり、1…

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文313文字)

あわせて読みたい

注目の特集