特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球 長崎大会 シード長崎南山が敗退 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鹿町工-長崎南山】長崎南山六回裏2死一、二塁、井上の中前打で二塁走者の鹿山が生還し1点を返す
【鹿町工-長崎南山】長崎南山六回裏2死一、二塁、井上の中前打で二塁走者の鹿山が生還し1点を返す

 第103回全国高校野球選手権長崎大会は15日、長崎市の県営野球場などで2回戦8試合があり、創成館や諫早農、佐世保北などがコールド勝ちで3回戦に進出した。シードの長崎南山は敗退した。16日は試合がなく、17日は3回戦4試合を予定している。【長岡健太郎】

鹿町工初の女性部員が熱い声援

 ○…鹿町工の応援スタンドで声援を送ったのは1年の藤田葵(まと)楓(ば)さん。同校野球部初の女性部員だ。小1から野球を始め、一度は野球から離れてバレーにも挑戦したが、「やっぱり野球がしたい」と兄天都(たかと)選手が通う鹿町工に進学し、野球部監督に頭を下げて4月に入部。帰宅後も一緒に練習してきた天都選手はこの日、3安打を放つ活躍を見せ、チームはシード校を撃破。「自分も男子に負けない気持ちで野球に取り組みたい」と目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1053文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集