性別欄廃止、41道府県 20年度、公立高入試願書で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年度に実施された都道府県立高校の入試で、41道府県の教育委員会が入学願書に性別欄を設けなかったことが毎日新聞の取材で明らかになった。残る6都県教委のうち千葉、東京を除く4県教委も21年度から廃止する方針で、心と体の性が一致しないトランスジェンダーなど性的少数者への配慮が高校入試でも進んでいる。

 6月に都道府県教委にアンケートし、全てから回答があった。願書での性別確認をしなかった41道府県のうち、20年度から廃止したのは岩手、宮城、富山、石川、兵庫、鹿児島、沖縄の7県。大阪府と福岡県は18年度、残る32道府県は19年度から廃止している。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文676文字)

あわせて読みたい

ニュース特集