イラン工作員ら起訴 記者拉致計画か 米司法省発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米司法省は13日、イラン系米国人ジャーナリストの拉致を計画したとして、イランの情報機関関係者4人がニューヨークの連邦地裁に起訴されたと発表した。司法省は被害者の身元を明かさなかったが、ニューヨーク在住のマシ・アリネジャドさんが被害者として名乗り出て、米CNNに「ニューヨークでイラン政府に監視されるなんてショックだ」と語った。4人はイラン在住で、米当局に拘束されていない。資金調達や送金で協力していたイラン出身で西部カリフォルニア州在住の女性が1日に逮捕…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

ニュース特集