特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治九段 第2局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

にらみ合い

 今期のA級も東西の比率は5人対5人でまったくの五分。東からはタイトルを持つ永瀬拓矢王座が、また西からは、すでにベテランの域に達している山崎隆之八段が、それぞれ初めてA級の土俵で戦う。

 リーグ表をつぶさに見ると、時代の流れを痛感せずにはいられない。名人戦を終えたばかりの斎藤慎太郎八段を筆頭に上位5枠中4枠を西の若手が占め、いつの間にか平成生まれが4人に増えていることに気づく。ちなみに、本局の佐藤は第6位、羽生は第8位にランクされる。

 図から[後]7五歩と突いて歩を駒台に乗せた羽生は、[後]7三銀~[後]7四銀と進めて好形を築いた。7筋の歩交換によって右銀の進路が開け、7四の要所に銀を運んだことにより、次に[後]7三桂の活用が見込める。好手は好手を呼ぶ。セオリーにのっとった自然にして理想的な駒運びである。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文733文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集