特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

野党、臨時国会召集を要求 コロナ議論求める 与党「閉会中審査で」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影
国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

 立憲民主、共産、国民民主、社民の4党は16日、新型コロナウイルス対策を議論する必要があるとして、憲法53条に基づき臨時国会の召集を求める要求書を大島理森衆院議長に提出した。政府・与党は閉会中審査などで対応するとして、早期召集には応じない構えだ。

 憲法53条は、臨時国会の召集について「(衆参いずれかの)総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」と規定。4党は衆院の4分の1を超える衆院議員136人の連名で要求書を提出した。

 野党4党首は提出に先立ち国会内で会談した。終了後、立憲の枝野幸男代表は記者団に「感染対策やワクチン接種、東京オリンピックの対応など、政府の説明は混乱の極みだ」と強調。「政府の行動と発信がむしろ不安を呼んでおり、これを正すためには国会で十分な時間をとって政府に説明を求めていかなければならない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文700文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集