湯川秀樹博士の読書遍歴たどる常設展 没後40年で開設 京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
湯川博士の「読書」に着目した常設展=京都市左京区の京都大基礎物理学研究所で2021年7月15日午後4時4分、千葉紀和撮影
湯川博士の「読書」に着目した常設展=京都市左京区の京都大基礎物理学研究所で2021年7月15日午後4時4分、千葉紀和撮影

 日本で初めてノーベル賞の栄誉に輝いた湯川秀樹博士(1907~81年)は、どんな本を読んで理論物理学者を志し、世界的な科学者に成長したのか――。そんな湯川の「読書」に着目したユニークな常設展が、湯川が所長を務めた京都大基礎物理学研究所(京都市左京区)の湯川記念館史料室に19日、開設される。

 史料室は79年に開設され、湯川の論文や蔵書、講演録など4万点を超す資料を所蔵している。遺族から3年前に大量の蔵書を寄贈されたのを機に、生前の湯川と親交があった小沼通二(こぬまみちじ)・慶応大名誉教授や、同研究所図書室の中川美葉(みは)主任ら4人が蔵書を生かした展示を計画。湯川は自らの読書遍歴を複数の著書に残しており、寄贈を受けた蔵書の中から実物を探し出した。没後40年の節目となるのに合わせて、湯川が使っていた旧所長室や通路を改…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文904文字)

あわせて読みたい

ニュース特集