特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

情熱大陸

角野隼斗 クラシックの枠に留まらないニュータイプが探す“自分の”音楽

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「情熱大陸」に登場する角野隼斗=MBS提供 拡大
「情熱大陸」に登場する角野隼斗=MBS提供

 ピアニストの角野隼斗がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、7月18日午後11時~)に登場する。

 夜のコンサートを控えた角野は、昼に会場入りし荷物を置くとそのままステージ上のピアノへと向かった。本番まで休み無く弾き続ける彼は、体力温存など頭の片隅にもないのだろう。本番の休憩中ですら、ひたすらピアノへ向かう姿勢に驚かされた。

 数々のコンクールで受賞歴をもち、2018年に国内最大級のピアノコンクールである「ピティナ・ピアノコンペティション」で特級グランプリを受賞して以来、本格的に音楽活動を開始した。

 その才能はクラシックだけに留まらない。「Cateen(かてぃん)」名義のYouTubeチャンネルでは登録者数77万人を超える人気YouTuberであり、東京大学大学院では機械学習を用いた自動採譜と自動編曲の研究をしていた工学研究者でもある。また今年6月にはジャズの聖地「ブルーノート東京」デビューを果たし、好評を博した。

 そんな彼は今年、世界三大コンクールの一つである「ショパン国際ピアノコンクール」へ向けポーランド、ワルシャワへ飛び立つ。

 コンクールへ向けて練習漬けの日々を送っているかと思いきや、若手ピアニストが競演するコンサートに出演したり、ジャズライブ、ラジオ収録や動画配信をおこなったりと、クラシックの枠に留まらない音楽活動へと挑戦する角野。

「僕はクラシックの演奏家になりたいわけじゃない。一発でこれはこの人だとわかるようなモノを作る人間になりたい」

 音楽のジャンルに縛られない26歳のアーティストは何処へ向かうのか。世界のトップピアニストが集うコンクールで何を見つけるのだろうか。

<プロフィル>角野隼斗(すみの・はやと) 1995年、千葉県出身。2018年、東京大学大学院在学中にピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞を受賞し、本格的に音楽活動を始める。2020年12月にファーストフルアルバム「HAYATOSM」をリリースし、オリコンデイリーアルバムランキング8位を獲得。国内だけでなく海外でも広く演奏活動を行う他、「Cateen(かてぃん)」名義で自ら作編曲および演奏した動画をYouTubeに投稿し、チャンネル登録者数は77万人(※2021年7月時点)を超え、なお増え続けている。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集