尾瀬、シカとの攻防20年 温暖化で進む食害 生態系の変化に危機感 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
尾瀬国立公園の湿原に設置した柵を示す環境省の桑原大・国立公園管理官=福島県檜枝岐村で
尾瀬国立公園の湿原に設置した柵を示す環境省の桑原大・国立公園管理官=福島県檜枝岐村で

 福島、栃木、群馬、新潟4県にまたがる尾瀬国立公園で、シカの食害を防ぐ闘いが20年以上続いている。温暖化で生息域が拡大し、ミズバショウやニッコウキスゲなど登山者に人気の花も被害に。環境省などは群生地を柵で囲い対抗するが、被害は公園内の2000メートル級の山へと広がっている。

 「シカが掘った跡ですね」。6月中旬、福島県檜枝岐村にある標高1660メートルの尾瀬沼。環境省のレンジャーが指さした先は、数メートル四方だけ湿原の黒い土がむき出しになっていた。ミズバショウの根や株を食べようと地面を掘り返したという。

 深い雪に弱いシカは尾瀬ではあまり見られなかったが、1995年ごろから食害が出始めた。夏から秋に約30キロ南東の栃木県日光地域から遠征してくる個体が増えた他、雪解けの早まりに伴い尾瀬で出産する雌も出てきた。シカは生まれた場所に戻る習性があり、頭数増につながっている。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文893文字)

あわせて読みたい

注目の特集