連載

湖国の人たち

湖国・滋賀で活動する人たちを紹介します。

連載一覧

湖国の人たち

ブラジルを愛して 日系人を日本の財産に 湖南市市民課・堀田剛史さん /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
湖南市市民課の堀田剛史さん=湖南市役所前で2021年7月1日午前9時5分、庭田学撮影
湖南市市民課の堀田剛史さん=湖南市役所前で2021年7月1日午前9時5分、庭田学撮影

堀田剛史さん(39)=栗東市

 県国際協会によると、県内の外国籍住民は2020年12月末現在、3万3076人で県民全体の2.33%。外国人住民の比率が最も高いのは湖南市の6.02%で、約3300人が暮らす。このうちポルトガル語を母語とするブラジル人が、約1500人で最も多い。ほとんどが日系人たちだ。湖南市役所で15年以上、ポルトガル語通訳などとして、ブラジル人らに対応し、外国人住民から厚い信頼を得ているのが、市民課の堀田剛史さん(39)=栗東市在住=だ。愛するブラジル、日系人に対する思いを聞いた。【庭田学】

 ◆ポルトガル語はどこで習ったのですか?

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1972文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集