特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治九段 第2局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

攻防の角

 図の局面で羽生の考慮中に夕食休憩の時刻を迎えた。ここまで指し手は39。互いに1歩を手にして角がにらみ合ってはいるものの、いまだ本格決戦には至っていない。ベテラン対決はゆったりと進んでいる。

 夜戦に入り、羽生は角交換から[後]4六角と据えた。一方的に角を手放してつまらないように見えるが、この生角は思いのほか攻防両面に働く。

 仮に、図で角交換せずに[後]4二金右は、[先]6四角[後]同歩[先]4六角の展開が予想される。続いて[後]7三角[先]3七桂[後]6五歩[先]7三角成[後]同桂[先]4六角[後]7二飛[先]2五桂[後]2四銀(参考図)が変化の一例。これも一局だろうが、羽生は先手に桂の二段跳ねを許す展開を不満と見た。4六角のにらみが強く、後手は飛銀桂をさばきづらい。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文611文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集