特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

ロイター写真記者死亡 アフガン従軍中、銃撃戦に巻き込まれ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタン
アフガニスタン

 ロイター通信によると、アフガニスタン南部カンダハル州で16日、アフガン国軍に従軍していた同通信のインド人写真記者、ダニシュ・シディキ氏(38)が旧支配勢力タリバンとの戦闘に巻き込まれて死亡した。シディキ氏は2018年にミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」難民の報道で、ピュリツァー賞を受賞したロイターチームの一員だった。

 戦闘があった場所はパキスタンとの国境に近いスピンブルダク。タリバンは7月14日に同地を制圧したと主張するなど、国境付近では国軍とタリバンとの激しい戦闘が続いている。シディキ氏は週の初めから国軍の特殊部隊に従軍していたという。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文522文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集