「ファスト映画」被害900億円超か 狙いは莫大な広告収入 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファスト映画被害のイメージ
ファスト映画被害のイメージ

 新型コロナウイルス下の巣ごもり生活を背景に、映画の内容を10分程度に編集した違法な「ファスト映画」が動画投稿サイトで人気となる中、元ユーチューバーらが初摘発され、14日に3人が起訴された。莫大(ばくだい)な広告収入が狙いとされ、専門家は事件は氷山の一角で被害総額は900億円超に上ると推定。「文化破壊につながる」と映画関係者の危機感は消えない。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1077文字)

あわせて読みたい

ニュース特集