連載

街ダネ記者の半世紀

秋田県の北部。それぞれの土地柄が持つ新鮮さや、自然、歴史、そこに息づく人々の暮らしに触れてきた記者生活を振り返ります。

連載一覧

街ダネ記者の半世紀

県北取材メモから/13 鹿角の黒又山(クロマンタ) 謎秘める「日本のピラミッド」 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒又山頂上で神様が降り立ったとされる磐座を見て回る阿部安男さん=2021年7月8日、秋田県鹿角市十和田大湯で田村彦志撮影
黒又山頂上で神様が降り立ったとされる磐座を見て回る阿部安男さん=2021年7月8日、秋田県鹿角市十和田大湯で田村彦志撮影

 登山口に鳥居が建ち、登り始めると、斜面伝いに坂道が続く。直立した太い松と杉がうっそうと茂る中で歩くこと約20分。樹木に遮られていた上空が頂上の磐座の真上にぽっかりと姿を現した。

 「日本のピラミッド」と呼ばれ、伝説マニアの間では「謎の多い山」として知られる鹿角市の黒又山(くろまたやま)(通称クロマンタ、標高280メートル)。花輪盆地に拓(ひら)ける十和田大湯にあり、南西約2キロ先には、世界遺産登録を控える「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つで、かつてこの山と何らかの関係があったのではと推測されている「大湯環状列石」が広がる。

 この山は、少し離れて見るとピラミッドのような整然とした形だ。地元では、アイヌの言葉が語源とされる通称名で親しまれ、かつてのこの地域の族長、黒沢万太を祀(まつ)った古墳という伝承も。山頂部には「本宮神社」が祀られている。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1142文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集