特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治九段 第2局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

桂得の主張

 図で[先]7七桂は[後]8五桂[先]同桂[後]同銀とさばかれ、受けにならない。局後に佐藤は[先]9六歩[後]8五銀[先]9五金まで考えたと明かした。駒交換を避ける苦肉の策だが、[後]7四銀と引いて[後]8五桂を見られると、9五金の進退が極まる。

 熟考47分。佐藤は[先]7五歩と打って[後]8五銀を誘い、金銀交換して[先]8六歩と攻めを催促した。敵の攻めを呼び込むリスクを甘受し、その反動に活路を求めた。

 羽生の[後]9七桂成では[後]7七歩も有力だった。以下[先]同桂[後]9七桂成[先]同玉[後]7六歩(参考図)が絶好のたたきになる。[先]同銀なら[後]9六金[先]8八玉[後]8六金や、[後]9六歩[先]8八玉[後]8六飛で攻めが続く。よって参考図から[先]8七玉[後]7七歩成[先]同玉の進行が予想されるが、後手には駒損せずに攻勢を取れる安心感がある。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文662文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集