連載

新・コンサートを読む

梅津時比古・特別編集委員の「コンサート」にまつわるエッセー。

連載一覧

新・コンサートを読む

サーリアホのオペラ≪余韻≫ 「無」を響かせる=梅津時比古

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
撮影:飯田耕治
撮影:飯田耕治

 日本の能と西洋のクラシック音楽との結びつきは、英国のブリテンが能の「隅田川」を翻案してオペラ≪カーリュー・リバー≫を作曲したように、例が無いわけではない。西洋から見て、能が最も日本的なものに捉えられるのかもしれない。それによって、現代の私たちが西洋の視線から能を読み直している要素もある。

 フィンランドのカイヤ・サーリアホが能の「経正」と「羽衣」に基づいて作曲したオペラ≪余韻(Only the Sound Remains)≫が6月6日、東京文化会館で上演された。2016年にアムステルダムで初演されたものに今回、手直しを加え、日本初演になる。

 前半の「経正」は、一ノ谷の合戦で命を落とした琵琶の名手、平経正を弔うため、仁和寺の僧・行慶が経正の愛器「青山」を手向け、管弦講を催すというもの。経正の亡霊が現れ「青山」を奏でるが、憤りから修羅の姿に変化したことを恥じ、姿を消す。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集